HOME > 純水・水処理機器 > 軟水装置

純水・水処理機器pure water water processing machinery

軟水装置

  • 自動型

    軟水を手軽に得るには、イオン交換樹脂による方法がもっとも簡単です。
    軟水装置は、原水硬度の多少に応じて一定量の軟水を採取すると、イオン交換樹脂が硬度成分によって飽和状態となり、軟水を採取する能力がなくなります。このような状態になったら塩水でイオン交換樹脂を洗浄すると、再び軟水が採取できるようになります。
    このイオン交換樹脂を食塩水で洗浄する操作を“再生”とよびます。“再生”操作は約90分かかります。全ての製品で再生操作を自動で行います。

  • 軟水採取量

    軟水装置再生後、つぎの再生までの間に採取できる軟水量。軟水採取量は原水硬度と軟水装置の樹脂量によって決まります。
    軟水採取量(m3/サイクル)÷流量(m3/h)=軟水採取時間(1再生当り)を意味します。軟水採取時間=24時間の場合、再生頻度は1日1回が限度です。なるべく余裕を持って、選定ねがいます。一般に自動型軟水装置の再生頻度は2~3回/週です。

全自動型軟水装置 SAシリーズ

全自動型軟水装置 SAシリーズ

全自動運転のため、まったく人手をかけずに運転できます。

使い勝手に合わせた再生起動方式で管理楽々。

タイマー再生モード
あらかじめ設定した時刻に再生
メーター再生モード
あらかじめ設定した採水量で再生
メーター+定時刻再生モード
あらかじめ設定した軟水量を採水した後、設定した時刻に再生

用 途:ボイラ給水用水、クリーニング用水、加湿用水
特 長:再生が設定できるコンパクトな軟水装置
採水量:0.75~3m3/h

全自動型軟水装置 SA-FLシリーズ

全自動型軟水装置 SA-FLシリーズ

全自動運転のため、まったく人手をかけずに運転できます。

デジタルタイマーを採用しているので、設定操作が容易です。
また、自動交互運転機能を使用することで24時間連続採水が可能です。

用 途:ボイラ給水用水、クリーニング用水、加湿用水
特 長:再生が設定できる軟水装置(FRP製)
採水量:3~35m3/h

全自動型軟水装置 SAA-K/SAB-Kシリーズ

全自動型軟水装置 SAA-K/SAB-Kシリーズ

全自動運転のため、まったく人手をかけずに運転できます。

自動再生の押しボタン起動と手動操作が可能。
入口側の積算計は信号が出力できるので収量運転が可能。

配管・弁類などコンパクトかつ丈夫で使いやすい設計になっております。

用 途: ボイラ給水用水、クリーニング用水、加湿用水
特 長: 自動再生が設定できる軟水装置(鋼板製)
採水量: 50~100m3/h

DCPSカートリッジ

DCPSカートリッジ

少量でお使いの場合には、
使い捨てタイプのため、実験用途など少量での使用に最適です。
ハウジング(容器)は専用容器をお使いください。
(PF-III、PF-VIハウジング)
カートリッジは資源化可能な材料を採用しています。

DCPS-002仕様表

供給水 水道水及びそれに準ずるもの
標準流量 10~50ℓ/h
使用温度 1~40℃
外型寸法 約φ78×長さ250mm
質量 約850g
採取量 約900ℓ
原水硬度55mg/ℓの場合

お電話でのお問い合わせ 06-6383-8183

このページの先頭へ