HOME > 水処理薬品 > 排水処理

水処理薬品water processing medicine

排水処理

オルフロック

豊富なラインナップ
あらゆる種類の用水、排水、汚泥および各種処理装置に適応できるように組成、重合度、粘性などの異なる多くの製品をご用意しています。
すぐれた作業性
顆粒状であり微粉末が少ないため溶解時の作業性が非常にすぐれています。
すぐれた処理水清澄度
従来品にくらべて処理水の清澄度を一段と向上させます。
すぐれた濾過・脱水性
生成されたフロックは強固で濾過、脱水性がすぐれており、あらゆる濾過、脱水設備の性能を向上させます。
少ない使用量
使用量が少なくてすむためランニングコストの大幅な低減につながります。
すぐれた併用効果
硫酸バンド、PAC、塩化第2鉄などを併用すると、水中のコロイド部分、色度成分、COD成分などを効果的に除去できます。また、脱水処理においてオルフロックの単独使用でフロックが細かく軟弱な場合は、オルフロックのカチオン系とアニオン系とを併用することにより大きく強固なフロックを生成し、効果的な脱水処理が可能です。

オルフロックCLシリーズ

凝集処理のソリューション

オルガノは排水処理を通じて環境問題に取り組みます。
近年、環境に対する意識の高まりや産業廃棄物最終処分場の不足から、排水処理における薬品使用量の削減やスラッジの削減が急務となっております。オルガノでは、このような社会的ニーズにお応えできる、エコ対応型薬品「オルフロックCLシリーズ」をご用意いたしました。

無機凝集剤使用量の削減

無機凝集剤使用量の削減

オルフロックCLシリーズの主成分は、高いカチオン電荷密度を持つポリマーです。無機凝集剤と同様に懸濁物質の電荷を中和する能力を持ちますが、高い電荷密度を持つため、無機凝集剤に比べて少量で効果を発揮します。つまりオルフロックCLシリーズの使用により、現在大量に使用されている無機凝集剤を大幅に削減することができます。
また無機凝集剤を使用する際に必要となるpH調整用の中和剤(アルカリ剤)の削減にもつながり、排水処理における薬品使用量の低減に貢献いたします。

スラッジ発生量の削減

スラッジ発生量の削減

排水処理における無機凝集剤は、添加後それ自体が金属水酸化物となりスラッジとして排出されます。スラッジの大半は産業廃棄物として処理されるため、その環境に与える影響は非常に大きなものであるといえます。
オルフロックCLシリーズは無機凝集剤使用量を大幅に削減するため、スラッジ発生量をも大幅に削減し、環境負荷の低減に貢献いたします。

トータルコストの削減

一般的な凝集沈澱処理では、処理コストの大半を無機凝集剤とスラッジ処分費が占めています。オルフロックCLシリーズはその両者を大幅に削減するため、排水処理におけるトータルコストを低減いたします。

トータルコストの削減

使用方法

  • CL-300、400、600シリーズは高粘土なため希釈してご使用ください。標準希釈濃度は10~20%程度です。
  • 希釈は水をはったタンクにオルフロックCLシリーズを投入し、10分程攪拌してください。
  • CL-500シリーズは原液でも使用可能です。希釈使用も可能です。
  • 希釈液は劣化しやすいため、出来るだけ早くご使用ください。
    (希釈液を1週間以上保管することは避けてください。)

オルガフィックスDN-1

オルガフィックスDN-1なら、
非イオン性界面活性剤やPVA等の凝集除去が可能になります。

現在、洗浄剤や乳化剤などには界面活性剤として、主にアニオン性界面活性剤、非イオン性界面活性剤が用いられています。
特に非イオン性界面活性剤は洗浄力が強く、共存物質やpH等の条件に影響をうけにくいため、幅広い用途があります。
しかし、非イオン性界面活性剤を含む排水の処理は非常に難しく、生物処理にも悪影響を与えます。
オルガフィックスDN-1は従来の廃水処理方法では除去できなかった非イオン性界面活性剤やPVAを選択的に凝集、除去する新しいタイプの排水処理薬品です。

製品の特徴

従来の薬剤処理では除去できなかったポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル等の非イオン性界面活性剤やポリビニルアルコール(PVA)等を凝集除去できます。その結果、CODの低下や発泡の抑制が可能となります。

用途

非イオン性界面活性剤、PVAを含む排水処理。
また、これらを乳化剤として使用したエマルジョン排水の処理にご使用になれます。

スクリュープレスCPHS型

スクリュープレスとは

円筒状ストレーナ(パンチングメタル)の内部で、特殊形状のスクリューが低速回転し、凝集汚泥を圧搾・移送しながら脱水します。

製品の特徴

  1. 難脱水性汚泥や含油排水に対しても低含水率化を実現
  2. 独自システムの採用により、処理能力の向上と脱水機の小型化(従来比1/2~1/3)を実現
  3. 全自動運転により、運転管理の省力化が可能
  4. 構造が簡単なため、保守管理が容易で維持費も安価
  5. 低回転のため消費電力を節約でき、騒音もなし

用途

化学、食品業界などの難脱水性汚泥のほか、水産、製紙、半導体、製鉄業界など、あらゆる汚泥の脱水に対応できます。

CPHS型の独自システム
  • 1.全自動高圧洗浄システム

    ドラム外周に洗浄ヘッダーを組み込み、一定時間毎に一往復高圧水により洗浄し、パンチングメタルの目詰まりを解消します。

    全自動高圧洗浄システム

  • 2・4.全自動汚泥圧入システム、
    圧入圧自動化変速システム

    密閉式混和槽を介して給泥ポンプの吐出圧力により、凝集フロックを破壊することなく供給します。
    凝集剤の過剰添加及び添加量不足を解消し、最適凝集状態で供給されるため脱水効果が常時最高に保たれます。

    全自動汚泥圧入システム、圧入圧自動化変速システム

  • 3.ケーキスクレーパーシステム

    ケーキ排出口に設けたケーキスクレーパーがタイマーセットにより自動的に開・閉を繰り返し、脱水状態をより良いものとします。
    本開発により過負荷の危険が無くなり、出口高圧部のストレーナー内面に付着堆積する膜が除去・排出されるので、従来のような極端な性能低下減少が起こりません。

    ケーキスクレーパーシステム

スクリュープレスと各種脱水機との比較

スクリュープレス脱水機
対象汚泥各種汚泥に対応できる
含水率(有機汚泥)75%~80%
条件固形物処理量 60kg/hr(汚泥処理量 4m3/hr 濃度 1.5%)
脱水ケーキ発生量240~300kg/hr
脱水機本体動力2.2kw/hr
メンテナンス他脱水機類の様な問題点が全くありません
データで見るスクリュープレスCPHS型導入のメリット

脱水ケーキの含水率と発生量の関係

お電話でのお問い合わせ 06-6383-8183

このページの先頭へ